昔は野球少年だった。あの位は現下と違ってサッカーです、バスケットです、ラグビーだと他の分類の行為など関心が高くなく、みんなが野球に眼が出向く世の中だった。
オジンと対話を通じて鍛えられた。ただの対話ではなく、田んぼの両端からの対話で、スナップショットの効いたオジンのボールはキャッチするギリギリでぐいっと伸びるのである。
こういう体感をカラダで覚えた以後、守備が格段にうまくなった。当時、主にセカンドかショートをまかせられていたが、余裕をもって打球を追うことができた。守備に残りができるってバッティングにも宜しい影響が出た。カラダが狭く小さかったのでホームランを打てたことはないが、バットを少なくもって光源方位を願うって相当強打になったものだ。オジンとの対話が守備も無論、力抜けにも良い収益を生むこととなったのだ。
「サンキュ、オジン!」
守備の大切さを幼子ながらに痛感し、オジンに感謝しつつ少年野球に囚われる一年中だった。お金がないときにはカードローンを使って